冬季研を開きました

1月26日の放課後、弥生小学校で今年の冬季研究会を開きました。

今回の話題は、秋の研究授業の振り返りと、学校図書館担当者向けガイド資料についてでした。

今年の研究授業は、11月17日に6年生社会科・資料の活用をテーマとして、青柳小学校・小笠原先生が提案してくださいました。授業ビデオ(編集版)を部分的に視聴しつつ、授業に参加したメンバーから当日の様子について紹介がありました。中央図書館「団体貸出」で届いた資料にある豊富な情報や、児童の問題関心の幅の広さ、各班の中で起きていた対話的な学びなどについて議論が盛り上がりました。

研究会後半は、現在本サークルで原案を作成している活用ガイド資料「はじめの一歩 ver.2」についての協議でした。以前、学校図書館担当者向けに同じ趣旨の資料を作成した時期から、学校図書館環境が大きく様変わりしています。蔵書検索システムの活用や図書資料の整理術、読書環境や資料活用環境の整備など、学校図書館の機能性向上に役立つ資料にできればいいなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です